前へ
次へ

行政書士の書類には、ひな型があります。

行政書士の仕事内容は官公署に提出する書類の代筆です。司法書士や弁護士と違い、行政書士には代理権がないため、本人に代わり官公署に出向いて直に交渉などをすることはできません。あくまで代筆止まりで、彼らのことを代書屋さんという人もいます。資格は他の法律と比べ、昔までは取りやすいジャンルに入っていましたが、ドラマの影響で資格志願者が増えて、合格率は下がっています。司法書士や弁護士は資格所得後から実戦で活躍できるスキルが備わっていますが、行政書士の場合は資格所得後から実践スキルを身に着けなくてはなりません。仕事は役場の中だけでも、市民課・福祉課・産業課・土木課など部署によって書類は異なります。しかし、お役所仕事に関わる仕事ですから、ほぼひな型通りの書類作成になります。

top用置換

top用置換2
Page Top